女性専用風俗 東京秘密基地本店 (出張専門) | 前向きで気持ちのいい表現。おすすめしたい。

SUBARU(スバル) 前向きで気持ちのいい表現。おすすめしたい。
原田マハ著書「さいはての彼女」読了。もうすっごい良くて一気に読んだ。4遍の短編小説でどの主人公も女性で、いずれも新しい場所で気持ち的な成長、何かが抜けたような感覚を獲得して新しい一歩を踏み出す姿が描かれている。

どの主人公も素敵なんだけど、一話目に出てくるバリキャリ社長とハーレーのカスタムビルダー「ナギさん」とのタンデムツーリングの描写は、読んでて心がスッとして、一緒に旅をしているような爽快感になる。一直線にどこまでも伸びる道を弾けるように笑うナギと一緒にタンデムしたくてたまらなくなる

ナギは聴覚障害なんだけど、ナギに対して父親が伝える言葉も胸に刺さる。「ナギ。そんな「線」は、どこにもない。もしあるとしたら、それは耳が聞こえる人たちが引いた「線」じゃない。お前が勝手に引いた「線」なんだ。いいか、ナギ。そんなもん、越えていけ。どんどん越えていくんだ。」

全編を通して、人生を足掻くことの楽しさ。人生は今よりももっと楽しい方に行けるんだと背中を押されるような感覚がある。それは原田マハさんの前向きで気持ち良い表現と、魅力的なキャラクター、そして文章のリズムから生まれている。200ページ4編で読みやすいのでぜひ読んでみてほしい一冊だ。

秘密基地グループ

© 女性用風俗・女性向け風俗なら【東京秘密基地本店】