女性専用風俗 東京秘密基地本店 (出張専門) | 学びのある対談本だった。

SUBARU(スバル) 学びのある対談本だった。
老舗の流儀読了。500年続く虎屋と、180年続くエルメスの元本社副社長との対談のこの本は、フランスから見た日本文化、日本から見たフランス文化について、経営の視点、職人の視点、顧客、そして社会の変化にどう対応してきたかについて知ることができる良書だった。おもしろいのでお勧めしたい。

印象的だったのは、エルメスの職人の美的感覚をヒントを得るものづくり。例として、5〜6種類のブルーを見せて、「これはエーゲ海のブルー」「アドリア海のブルー」「地中海のブルー」という表現で作られたものがあるが、これには買う方もインスピレーションを受けて心を動かされるだろうなと思った。

歴史的な面では、エルメスは人々の移動手段が馬車から車に変わり工業化が進んだ1900年に「馬具づくり」から「職人の高度な手仕事(鞄)に生業を変化させている。今でこそ判断が正しいと思えるが、当時の周囲は工業化一辺倒だったわけなので時代に逆行した革新的な意思決定だ。この流れはコロナや今のDXに近いものがある

文化として、フランスには「無視する」というのが多くあるらしい。理由は「聞く」と答えなくてはいけなくなるからだそう。なので、積極的に「聞いていません」という態度をとるようなんだけど、日本人は無視することができなくて悩んでいる人が多いので、このしたたかな交渉術を学ぶと良いなと思った。

秘密基地グループ

© 女性用風俗・女性向け風俗なら【東京秘密基地本店】