女性専用風俗 東京秘密基地本店 (出張専門) | 最後の最後まで本当に犯人が分からなかった。

SUBARU(スバル) 最後の最後まで本当に犯人が分からなかった。
アガサ・クリスティー著書の「そして誰もいなくなった」読了。内容は十人の男女が偽の口実で孤島に呼び出され、タイトル通り最後には誰もいなくなってしまうというミステリー小説。巧みな構成で本当に最後まで犯人が誰か分からない。登場人物が多いが描き分けも見事でストレスなく人柄が伝わってくる。

一人死ぬごとに猜疑心が高まり人間関係が変化していくのだが、無理な展開がなくリアルでよかった。ちなみに自分が犯人だと思っていた人は犯人ではなかった。活字なれしていない人でもすんなり読める本なので、ミステリーをこれから読みたい人にぜひ勧めたい一冊になった。

秘密基地グループ

© 女性用風俗・女性向け風俗なら【東京秘密基地本店】