女性専用風俗 東京秘密基地本店 (出張専門) | 様々なニーズに応えること

HIROOMI(ヒロオミ) 様々なニーズに応えること
こんばんは。
本日もありがとうございました。
退勤後ではありますが、
日記を書いてから
寝ようと思います。

最近、女風利用における
ニーズが多様化していると感じます。
正直、専門業者をご案内したほうが
良いのではないか
というニーズもあれば、
一方で、確かに現実的に難しいし、
セラピストが少しでも
お役に立てられたら良いなと
と思う内容もあります。
接客・接遇面や
技術面のスキルだけではなく、
"傾聴力"も求められていると
日々、感じています。

女性から言われて
印象的だったことがあります。
"ひろおみくんには、
母親としての役割を
担ってもらっている"
という言葉です。
言われた時は、正直、
とても衝撃的でしたが、
それは、たった1秒くらいの
できごとで、
むしろ、ここまで信頼関係を
築けて良かったし、
素直に話してくれた勇気に
感動を覚えました。
先日書いた日記と
リンクする内容でもあるので、
良かったらご覧ください。
https://go-kichi.com/s/tokyo/diaries/view/83059

さて、話は戻りますが、
女風をご利用される方の中には、
幼少期の愛情不足や
トラウマがあったり、
フラッシュバックで
苦しんでいる方もいます。
人に髪を洗ってもらい、
その後、乾かしてもらったり、
エプロンを着用して
ご飯を作ってもらうとか、
子供の頃、親からあまり
してもらえなかったことを
求めている方も
中にはいらっしゃいます。
ただし、人によって異なるのです。
誕生日を祝ってほしい
という人もいれば、
すごくツライ気持ちになるから、
呼んだ時は、祝わずに
普通に接してほしい
という方もいらっしゃいます。
ですから、まずは、
女性と同じ温度で
優しく寄り添う姿勢や
心の声に耳を傾けること
"傾聴"が欠かせません。
そして、女性からのニーズに
応えるだけではなく、
例えば、旅のしおりを作って、
遠足に出掛けてみようかとか、
時に提案してみることも
大切であると感じます。

これからも可能な範囲で、
女性の本当の気持ちに
耳を傾けて、
僕に求められた役割を
担っていけたら良いなと思います。

* 広臣 - HIROOMI - *

秘密基地グループ

© 女性用風俗・女性向け風俗なら【東京秘密基地本店】