女性専用風俗 東京秘密基地本店 (出張専門) | 夏祭りの思い出

9/11 00:28 UP!

夏祭りの思い出

KISARAGI(キサラギ) 夏祭りの思い出
こんばんは、如月です。


怒涛の暑さと闘った8月を終えて、

夜は気持ち程度にやや涼しくなる時期


9月の初頭は夏の末葉という訳です。



今年の夏は去年と変わりなくコロナの爆発的な増加に悩まされる世間。。


しかし昨年までに比べれば何かと解禁されたことも多い印象ですね



その1つが花火縁日、すなわち夏祭り


夏祭りってどんな思い出がありますか?



如月は小学校の頃、

毎年夏になると学校主催で縁日が開催されてた思い出があります!



ヨーヨー釣りとか、スライム作りとか!.。o○


学校内がお祭り状態。

校庭とか教室は出店だらけ!



母にお小遣いを貰って遊び倒した記憶があります!笑



なかでも人気があったお店がひとつ。

それは“宝釣り”と呼ばれていました



PTAが作成したチラシによれば、

DSやらゲームソフトといった子供にとって魅力度MAXな豪華景品が盛りだくさんとか!


 
我こそは、とチラシに思いを馳せた少年少女が開店と同時に列を成すのは毎年のこと…!
 

 
宝とは、中身が見えない紙袋のこと。
 
 
手作りの釣り竿に引っ掛けて持ち上げます
 

 
子供相手に
 
「取れませんでしたー、残念!」
 
なんて事はなくて、

宝は必ず大人がサポートして貰えるルールです。

 
 
良心的ですねー(棒)

 
 
取った紙袋は固く閉ざされていて、
 
「お家に帰って開けてね!」
 
そんな大人たちの笑顔を背に、ウキウキでご退店なさる子供たち。

 
 
まあ、家まで我慢なんて出来ません
 
 
自らの教室に持ち込んだ宝を友達と一緒に

いざ開封!
 
 
 
箱ティッシュ
 
ミネラルウォーター
 
手ぬぐい
 
赤ちゃん洋服
 
手作りの布?雑巾?(謎にアップリケの刺繍あり)

 

如月は毎年というほど挑戦しなかったけど、
 
当然ゲームソフトを当てたことはない


 
というか、

6年間で役立つアイテムを入手した人が見当たらない。
 

 
美味しい話ってないんだなー、と学んだ気がする。
 
 
 
実は6年生のときに宝釣りについて判明した事実があります。
 
 
「景品の宝はすべてPTAの保護者による不用品の寄付」
 
ということ。

 
 
高価なゲーム機を不用品として寄付できるマダムはそうそう居ません。
 

 
チラシといい、出店、中身…。
 
 
もしかして、あれはPTAの皮を被った非常に高度な教育的詐欺師集団だったのかな…笑

 
 
純粋無垢な少年の心に毎年のように人間不信を根付かせることで、汚れきった社会に将来優秀となる大人を育成するためのサイコパス施設だったのでしょう。



ちなみに宝釣り1回の料金は1000円です。


1000円は大金ですよ、大人の皆さん。。



今でも縁日は大好きですが、

汚い大人は嫌いです。



以上、楽しい夏祭りの思い出でした!


浴衣で縁日デートとかしたいなぁ


まだまだ暑いなか、本日も1日お疲れ様でした!

秘密基地グループ

© 女性用風俗・女性向け風俗なら【東京秘密基地本店】