女性専用風俗 東京秘密基地本店 (出張専門) | 将来

9/28 17:43 UP!

将来

KYOUYA(キョウヤ) 将来

最近昼夜逆転しつつあり危機感を覚えてきてます。
こんにちは、キョウヤです。


今日は少しぼくの将来のことをお話しようかなと思います。
ぼくはいま現役で大学生をしながらセラピスト業をしています。ただの大学生だけなら来年就活が始まるのでのほほんと来年までセラピスト業に専念してできるのですが、ぼくには夢、というかなりたい職業があります。
それは、、
                        「消防士
                                                         です。
消防士になる為に学校で公務員試験の勉強をして学校の単位もとりセラピストをしています。

そもそも、なんで消防士になろうと思ったのか。
それは、「人の役に立ちたい」「一人の人を全力で助けられるような男になりたい」  こんな思いがありました。公務員ということもありますし、親がなってほしいという思いもあり、一種の親孝行になれたらという思いもありますが、いちばんはその2つの思いがとてもつよかったです。

具体的になりたいと思ったのは高校三年生の進路を決める時でした。行きたい大学も特になかったため指定校でとろうと思った時にどの大学に行こうか迷っていて、ても4年間を無駄に棒には振りたくなかったので、ちゃんと大学を選びながら候補を出していました。
そのときぼくは高校が大学付属だったのですが、行きたい学部があったのですが、試験で落ちたのでその大学には興味を示さなかったので、宙ぶらりんの状態でした。そんななか親と相談していた時に、「消防士になりなよ」。この軽い一言で、ぼくの人生が大きく変わりました。そのとき脳裏に浮かんだのは昔動画で消防士の人が火が燃え盛るなか家に取り残された人を救おうとする消防士の姿がありました。でも火はなかなか消えず救助がこんなになっていく中、フラッシュオーバー(燃えている部屋が極短い時間で広域に火がいきわたること)して中にいた消防隊員がダウンしてしまいました。その消防隊のおかげで中にいた人は助かったのですが、その消防隊だけ取り残された状態で、消防隊が一丸となって建物の隣から救助しようとしたり、あらゆる方法で救助しようとしている姿がありました。その時の僕は人民が助かったことよりも、消防隊を消防隊全員で救出する姿に胸を打たれました。文字通り一人の人を全力で助けようとする姿に思わず涙を流したのを覚えています。
また、消防訓練で一分一秒を争う現場に柔軟に対応できるように常日頃から訓練する動画もあり、ほんとに作業するスピードがはやくて、もうあたかもいま現場活動を行っているかのように思いながらみて、こんなかっこいい男になれたらな〜という動画も思い出して、また改めてみて、その時に初めて明確に「消防士になりたい!」と思いました。
消防士になるには筆記試験、体力試験、面接の3段階でわかれており、筆記試験は国家公務員試験で難しい試験という認識もあり、法学のことを聞かれるんだなと思った僕は、高校側から出された指定校リストをみて法学部があるところに行こうと思いました。なので、ぶっちゃけ今行ってる大学は高校生活の中で行くとは思っていなかった高校です(笑)でもいま3年生になって、法学はみんな「難しそう」とかおもっていますが、ほんとにそんなことはなく、知識ゼロでも学ぶ意欲があればどうってことないへっちゃらな分野です


学校の単位をとることは簡単なのですが、そこに公務員試験の勉強もプラスされるとやはり両立をするのがなかなかしんどくなってきます。でも!絶対やるからにはどっちも中途半端なことはしたくないので、セラピスト業も試験勉強も絶対大変だけど、両立していこうってやる前から決めていました。しかし僕自身このお仕事をやる時に豪語してる「DM」に時間をさきすぎて勉強の時間が疎かになりつつなっているので、少し返信の時間が遅くします。「おまえ、言ってることとやってる事全然違うじゃねーか」というお声をいただくことになるかもしれません。ほんとにそうです。矛盾しちゃってますよね。ごめんなさいでもなりたい職業があってそれにベクトルを向けると決めているので、そこはご自愛頂けたらと思います‍♂️
でも返信が遅くなるだけで、みなさんとたくさん楽しく会話したいことは間違いでは無いので、返信する時は楽しくたくさんお話しましょう!!
時間が許す限りではたくさんたくさんお話をして貴女様のことを全力で知っていく所存です。
なので、遅くなったりしても嫌いにならないでください。いやぼくのことは嫌いになっても構いませんが、他のセラピストは嫌いにならないでください!ぼくもセラピストではありますが、他の人をセラピストという言葉の一括りにはしないであげてください。
みんな、もちろんぼくもそれぞれ個性があるので、その個性までも否定はしないであげてください。お願いします


ユーザー様も楽しく過ごしてほしいです
変わらずぼくへのDMもたくさんたくさんお待ちしております!

それではこの辺で

 

秘密基地グループ

© 女性用風俗・女性向け風俗なら【東京秘密基地本店】