女性専用風俗 東京秘密基地本店 (出張専門) | 終点-筆沼駅-

8/23 19:21 UP!

終点-筆沼駅-

RINTAROU(リンタロウ) 終点-筆沼駅-
こんにちは、凛太郎です
最近本業忙しいのー?と聞かれる事が多々ありますが、大変嬉しい事に忙しくさせて頂いてます。

気にかけて頂きありがとうございます


でも皆さんも自分の人生の中で
仕事、家事、介護、子育て、ジム、趣味、付き合い、人間関係など日々忙しいですよね。(肉体的、精神的問わず。)


まずそんな忙しい中で僕に会おうと検討してくれて、更に写メ日記まで開いてくれてありがとうございますそして実際にお会いしてお時間を割いてくれている方本当に毎回感謝しかないです。

ありがとうございます。


さてさて今日はそんな感謝の気持ちを下敷きにしながら、皆さんをエロの終点【筆沼駅】へと導く、


いや導けるきっかけになったらいいな…
いや少しでも興味持ってくれたらいいな…


くらいの神妙な面持ちで投稿する写メ日記です


僕の本職はタブレットペンやえんぴつ、筆を使う事の多い仕事ですがそんな本職に唾を吐きかけるが如く

生み出したのが筆イキ。通称筆ファンマです


性感に入ってからの全てを舌ではなく筆に委ねて、自分が持つこの手の先にある新しい指先を感じながら身体を這っていく筆の感覚。


極限の焦らしの先に待っている、局部への侵入は
まるで往年の目標へと辿り着いたかの様な得も知れぬ到達感と喜びが待ちうけています。


焦らされるのは好きじゃない!
→わかります。


普通の性感でたくさんイカせて欲しい!
→痛いほどわかります。


クンニ、手マン以外意味なし!
→わかりみが深いです。(場合によってはします)


筆いらない、エロいことしてイケればいい!
→わかりかねます。


皆さんの気持ちは重々承知してます。
しかし、一つだけ問いたいのはエロとはそんな底が浅いものですか?


僕たちは今2021年という超文明社会に生き、
高度な知性を有し、本能と文明化社会の狭間で揺られながら、各々葛藤を抱えて生きています。


そんな中でエロだけは、本能と知性が融合しながら発展して行っていると思うんです。


オーガズムだけではなく、それまでの過程や各個人のバックボーンに対して興奮したり


場所や条件、イメージプレイなどで興奮したり


責める事、責められる事、恥じらいの顔、恍惚の顔などそれらに興奮を覚えたり。


または、絶対的な安心感の中、愛を感じて、包まれる優しい交わりに本能的な満足を感じたり。



感度の高い場所に到達するまでに、幾千もの細胞を刺激して、その最果てにて達する事で同じオーガズムでも、深さや色味が違ってきます。



なぜ人は山に登るのか?



もし山が歩いて5分で登れたらどうでしょう?



山頂にてあれほどの達成感を覚えるのはなぜでしょうか?



その山頂までの過程の方が長く、そして記憶に刻まれるのはどうしてか?



筆ファンマとはつまりそういうことです。


この写メ日記を読んで興味が少しでも湧いてきた方、「だからどういう事やねん!」とツッコミをしてしまった方。


是非お問い合わせ下さい
もちろん普通の性感もしております


色々な沼やエロを体験してきた方もそうでない方も、凛太郎と一緒にエロの終点駅筆沼まで行きましょう



そんな終点駅が実は何かの始まりだったりするのかもしれません…



-筆沼駅-水先案内人
凛太郎より

秘密基地グループ

© 女性用風俗・女性向け風俗なら【東京秘密基地本店】