女性専用風俗 東京秘密基地本店 (出張専門) | 僕がセラピストを目指した理由

BERO(ベロ) 僕がセラピストを目指した理由
こんにちは、新宿秘密基地のベロです
相も変わらず、昼の仕事が忙しく
出勤が薄くてごめんなさい


前置きが地味に長いので、タイトルに釣られていらっしゃった方は
途中のキリトリ線まで飛ばしてくださいね



さて、そんな今日この頃ですが
写メ日記やTwitterの更新は、変わらずするように努めています(努力賞)


「絶賛待機中です️」みたいなものだけが写メ日記ではないのは至極当たり前の話ですが
じゃあ何書こうかな……と考えたときに


実はずっと書きたいと思っていた

なぜ僕が秘密基地のセラピストとして生きているのか
について語りたいなと思い
今、ペンを…ならぬスマホをぽちぽち打っております。





--------------------キリトリ線-------------------




さて、前置きが長くなりました!

思い返せば2年前、2019年
今とは全く違う世界で掛け持ちの仕事をしていまして
そのときは肉体労働系だったのですが
正直なかなか辛くて

別の掛け持ちないかな〜と考え始めていた頃のことです。
漠然と、どうせやるなら今しか出来ないことを、何かしら自分の糧になることをと思い

「夜の仕事」と呼ばれる界隈に興味を持ち始めました。

当時、夜の世界なんて全く詳しくない僕が捻り出したのが
「バーテンダー」、「ホスト」、そして「女性用風俗」の3つだったんですね。
その頃は「セラピスト」なんて呼び名は知らず、「嬢になるのか…?嬢じゃないけど嬢って呼ぶのか…?」とか思ってました笑

最初に選択肢から外れたのは「バーテンダー」
あくまで想像の範疇を脱しませんが
「飲めるけど弱い、酔うと眠くなる」というタイプの僕に
とてもじゃないですがバーテンダーは務まらないなと思いました。
お酒なくても生きていける人間なので、お酒の種類も全然知らないし…

次に、「ホスト」
これは想像ではなく、一度歌舞伎町のとあるホストクラブに体入のためお邪魔しました。
「ホストクラブ」というものに関して、当たり前ですが男である僕は行ったことがなく
体入に行くまで、少なからず偏ったイメージを持っていました。

【イメージ】
とりあえず酒
めっちゃオラオラしてきそう(ガチ偏見ごめんなさい‍♂️)
営業時間は常に騒がしく、ところどころで揉めてる卓も…(ガチガチ偏見ごめんなさい‍♂️‍♂️)


体入日は運悪く金曜日で、曜日別で見ればガラガラとのことで
先に記したようなガチガチの偏見を持っていた僕の想像とは打って変わって
所属に際するルールなどをご丁寧に教えていただきました。

夜の街は華金なら間違いないと思ってたのですが、ホストクラブはそうじゃなく、むしろ真逆らしいですね

ただ人入りは少なかったものの、体入ということもありお店にとって大事なお客様の卓にも付かせていただきました。

僕の緊張しいな性格が伝わったのか
それが解れるように、所属ホストさんのいじりを振ってくれ、ウケを取らせてくれたり。
暇な時間もたくさんお話してくださいました。

そんな気遣いは、まさに当初の偏見を覆すもので、ある種の居心地の良さがありました。


ただ、結論を言ってしまえば、ホストクラブもやはり僕に合うものではありませんでした。

正直お酒の注文もあまり入らなかったので、僕の感じ方が合っているか確証はありませんが
よく聞くように、ホストクラブって一晩で何百万単位のお金が動く場所であるわけですよね。



それなのにと言うべきか、だからこそと言うべきか
ホストクラブでは、「あくまでもホストが主役」なのです。
セラピストデビューをした今では、その凄さが分かります。
「自分」という需要を無理矢理作る難しさ。
そこに注力すれば、当然彼らのように
「おもてなし」ではなく「自分の売り込み・キャラ付け」が最優先されることにも納得ができます。

むしろ、それこそがお客様にとって最大のおもてなしだと捉えているということでしょう。

ただそれが、どうしても僕には合わないなと。
先の需要の話で言うならば、僕は
「需要に対して自分が供給になる」方が居心地がいいなと思うのです。
それを俗に「ホスピタリティ」などと呼びますが
正にそれを、一番大事にしたいなと。

どちらが正しいとかではないと思うんです。
キャストの人間性と、来てくださる方の求めているものと。
背中を押すのか、手招きをするのか。
それだけの違いかもしれませんが、大きく違うものです。


セラピストとしての僕は、日陰者でいい。
あなたがつらくて寂しくて、悲しくて、何かに疲れていて。
日陰で休みたくなったとき、一緒に休みましょう
ゆっくりお休みできたあとは、そっと日向にむけて、背中を押してあげられる存在でありたい

そんな思いを胸に、セラピストとしての活動を目指したのでした。


そのあと間も無く、「秘密基地」とは別の女性用風俗に籍を置きますが、それはまたPart2に持ち越しましょう
Part2は読みたいと言ってくださる方がいらっしゃれば、ぺn…ではなくスマホをポチポチしますね

長々と、写メではなく日記メインの稚拙な文章をご覧いただき、ありがとうございました
なにかあれば、いつでもDMくださいね

その時の自分にできる最大のおもてなしをさせてください


あ、何もなくてもDMしてくださいね

それでは皆様、いい夢を見てください


新宿秘密基地 ベロ
Twitter⇒https://mobile.twitter.com/snjk_bero

秘密基地グループ

© 女性用風俗・女性向け風俗なら【東京秘密基地本店】