女性専用風俗 東京秘密基地本店 (出張専門) | 新しい何かを創造するためには古い何かを破壊しなければはらない。

SUBARU(スバル) 新しい何かを創造するためには古い何かを破壊しなければはらない。
原田マハさんの「楽園のカンヴァス」を読んだ。この本は絵画に関するミステリー作品で、依頼された2人のアート研究者が同じ条件の下で真贋鑑定を行い、知られざるアンリ・ルソーの真実に迫って行く物語。鑑定方法は絵画と共に発見された「古書」を1日1章ずつ読み1週間後に講評を行うというもので、古書を読み進め、真相に迫る中でその世界や感動を主人公と共に追体験することができる。美術史の余白をこんなレベルで想像し物語にできる作者の筆の力には頭が上がらない。以前に読んだ「風神雷神」でもそうだったが、興奮して読み進める手が止まらなかった。

ルソーの絵に革新的な表現を見出した「ピカソ」。絵のモチーフとなり永遠を生きる決断をした「ヤドヴィガ」同時代にタイムスリップしたかのように入り込むことが出来た。ピカソがルソーに発破を掛けた「おれたちの時代の芸術家を名乗るつもりなら」にも痺れた。せっかくだからその文章を次に紹介したい

新しい何かを創造するためには古い何かを破壊しなければはらない。他者がなんと言おうと自分にとって、これが最高にすばらしいと思えるものを作り出すにはそのくらいの覚悟が必要なんだ。他人の絵を蹂躙してでも、世界をてきにまわしても自分を信じる。それこそが、新時代の芸術家のあるべき姿なんだ。

死期が迫るルソーに向けたピカソのこの言葉はルソーの背中を押し勇気付けたに違いない。最後の講評でオリエ・ハヤカワが「この作品には、情熱がある。画家の情熱のすべてが。」と語ったのも、それを聞いて同じ想いを噛み締めたティム・ブラウンもまた格好良かった。

話のラストについては書けないが落とし方もその余韻も含めてとてもいい作品だった。美術に詳しくなくても楽しめる内容なので、機会があれば手に取ってみてほしい。
 

秘密基地グループ

© 女性用風俗・女性向け風俗なら【東京秘密基地本店】