女性専用風俗 東京秘密基地本店 (出張専門) | ファンタジーな話②

FUYU(フユ) ファンタジーな話②
【1週間ファンタジーな話毎日投稿 2日目】

情景を思い浮かべて文章で表現することの難しさを痛感

一体自分の書いた文章でどの程度伝えられているのか、、、

1週間終える頃には文豪として、先生と呼ばれているかもしれません!

さて本日のファンタジーな話は、1年ほど前の出来事です

またしても天気の良い日!
気温もちょうど良かったのでその日は散歩に出かけることにしました

1時間程度歩き回って公園のベンチで休憩をとることにしました

適度な疲労感と心地よい風に誘われ1時間ほど昼寝をしてしまいました

人の気配を感じ、目を開けてみると
僕の周りに30人ほどの人集りが!!!

てか、みんなスマホ構えてるし!
見せ物じゃありませんよ、まったく!!

まぁでも少し気持ち良かったので集まってくれたみんなのために凛とした表情でしばらくそこに居ると

近くから「ゲットだぜ!」の声が

もしや、、、

どうやら皆さん、ポケモンgoをやっていたらしく、伝説のポケモンが出たとかなんとか。

恥ずかしくなり、すかさずその場を立ち去りました。

僕はまだまだポケモンというファンタジーには勝てないみたいです。

 

秘密基地グループ

© 女性用風俗・女性向け風俗なら【東京秘密基地本店】